MISC

001EGOISTな家具たち ( 34 )

Category
イギリスを中心にヨーロッパ全土から集められたロイズ・アンティークス唯一のコンセプトショップ、幅広いバリエーションからミックスカルチャースタイルをご提案致します。
  • ロイズ・アンティークス エゴイスト
  • ADD.
    目黒区碑文谷2-5-15
    TEL
    03-3716-3338
    FAX
    03-3710-9187
    OPEN
     11:00
    CLOSE
     19:00
    MAIL
    egoist@lloyds-antiques.com
    URL
    http://www.lloyds.co.jp/
EGOIST GOLD
金色はお好きですか?金色はほんのちょっと使われているだけでも、とても目を惹く色ですよね。派手な印象で苦手とおっしゃられる方も多い色。でも実は、金色には新しいことを始める時、良い方向に導いてくれる効果があるのだとか。アンティークに使われる金色はカウチのように金色のペイントだったり、シャンデリアのようにブラスの金色だったり...
シノワズリ その2
前回ご紹介しましたフロアランプと同じ仕様のシノワズリキャビネットが入荷いたしました。一見アンティークとしてはよく見かけるスタイルですが、この加工がされたものは格段にレアです。あえてモダンテイストの空間に置いてみてはいかがでしょうか?
革

読書の秋にちなんでこんな商品はいかがでしょう?年代が経過した革、無垢材のフレームの質感はもう哀愁たっぷりのこの季節にピッタリでは。詳細はこちらから。
アイアンの魅力
今回はエゴイスト店ならではのド迫力のアイアンコーヒーテーブルをご紹介します。コーヒーテーブルとしては珍しい1430 ×1055 ×500 と大ザイズ、この圧巻のスケールをより際立たせるのは何といっても無骨で無機質な網状の天板でしょう、年代を重ねると共に激しく表情を変える唯一無二の鉄の魅力ともいえますよね、クラシックテイ...
お気に入り
少し前にフランスから入荷したこのオケージョンテーブル。形と良い、サイズと良い、なんといってもこの色。今ペイントしてもなかなかこの色味はでないでしょう、という位アンティークの雰囲気を抜群に醸し出してくれています。
シノワズリ
何の絵柄か一目見てお解かりですか?こちらはエゴイスト店でも圧巻の存在感をほこるフロアランプのスタンド部、材質はウッドですが、その加工がシノワズリを用いておりアンティークランプとしてもとても珍しい商品です。 この技法は東洋が発祥といわれており、その特徴的で美しい陶磁器に憧れた西洋の人々が技法を学んだといわれています。いつ...
モザイクテーブル 
私が特にお気に入りの商品がこのモザイクテーブル。何がすごいってこの質感はもう言うこと無しです。天板モザイクはもちろんですがこの象嵌、バタフライの羽部分にも入っていて見るたびに「素晴らしい」の一言です。やっぱり長い間生きているものっていうのは物が持つ雰囲気が違いますね。
個性派アンティークをご紹介
6月も残すところあと1週間足らずで終わろうとしています。暑かったり、寒かったり梅雨の時期は天気が不安定ですよね。そんなジメジメした気分を吹き飛ばしてくれるような個性派アンティークがエゴイスト店には続々入荷中です。本物の竹を組んで創ったかのようなガラス天板のサイドテーブルなどひときわ輝くこの個性をどのようにコーディネート...
EGOIST DINNING
3月も2週目を迎え、陽気もずいぶんと暖かくなりましたね。まだ、夜は少し寒いですが、日中の気温は10度以上とコートもいらずに歩けてしまう程。 3月といえば忘れもしない「卒業」シーズン。「卒業」というひとつの別れを経験し、すぐに始まる新生活に向けて準備の時。 今週のEgoism Journalではそんな新生活にまず必要とな...
2月のエゴイストラインナップ
今年の2月はうるう年。何故2月だけ日数がこんなに少ないのか、皆さんご存知の通り様々な説がたくさんあります。また、如月(草木張月)と名称される通り様々な生命誕生の月でもあります。巷では大学入試の真っ只中で今年も多くの学生が誕生することでしょう。 2月エゴイストではクラシックアイテムをいつもよりも多く取り揃え皆様をお迎えし...
Translate »