MISC

メンテナンス

北欧、ヨーロッパの厳選されたヴィンテージ家具を取り扱う専門ショップです。北欧家具の巨匠達のアイテムのみならず同時代の上質な無銘品も提案しております。
  • フュージョンインテリアズ
  • ADD.
    目黒区中央町1-4-15
    TEL
    03-3710-5099
    FAX
    03-3710-5099 
    OPEN
     11:00~19:00
    CLOSE
     Wed
    MAIL
    info@fusion-interiors.com
    URL
    http://www.fusion-interiors.com/

カイクリスチャンセン No42のメンテナンス & 仕上がり

こんばんは。フュージョンメンテナンス部です。
さて、カイクリスチャンの人気のダイニングチェアーの張替え依頼が入りました。
当店オープン当初に購入いただいたものです。
かなり長くご利用いただきました。フレームは確りしていますが、生地や背に要メンテナンス部分が見られます。
fiblg11213-1.jpg
fiblg11213-2.jpg
↑このようになってるのありますよねぇ。長く使っているとこうなってしまう場合があります。カイクリの椅子は背が可動するので余計負担が掛かり易いです。
でも問題ないです。ちゃんと修復できるので。
この部分や↓の座枠などきちんとチェックしてから張替えしないと、外見は綺麗に張替えできてもすぐに不具合起きますから。
fiblg11213-3.jpg
fiblg11213-4.jpg
珍しいピレリ社のゴムベルトなんてあったんや!と。メンテナンスしてるとこんな発見もあります。
fiblg11213-5.jpg
木栓は簡単に取り除けます。当店では最終仕上げで同じく古材のチーク等を使って木栓をつくり直していますので問題ございません。
fiblg11213-6.jpg
↑これなんですよ。カイクリのこの椅子は作られた年代によって枠の構造等少し違っています。中を開いて見てみれば分ります。背板2枚のうち下のは金具取り付け部分が劣化しています。こういうの自分たちで修理していないと、何が何だか分らないと思いますが。
今後カイクリ探す場合はその店の店員に聞いてみて下さい。背の金具部分のチェックはちゃんと出来ているんですかぁ!!!って、笑 使ってすぐ破損しては困りますからねぇ。
fiblg11213-7.jpg
こんな感じで補強して新しく作り変えます。新しくなった部分に金具を取り付けて出来上がりです。
fiblg11213-8.jpg
大体座枠、背板中味のチェックはこいう工程経ています。張替えると見えないなですが、これが一番重要です! 仕上がっていると見えないのでどうやってチェックするかは難しいですけどね。触って、動かしてみると分るかも。
当店はこの作業は自分たちで必ずやっていますので、気になるときは聞いて下さい。
そして、これが仕上がり。
fiblg11220-1.jpg
fiblg11220-2.jpg
お客さまより画像を送っていただきました。ありがとうございます。
店で撮影しようと思っていたら、いつのまにか配送業者がピックアップしていってました。。。
とても綺麗な仕上がりで生まれ変わりました。
50年近く前に作られたものがきちんと張替えすれば見違えるようになります。
これは元々の造りがしっかりしてとても質の高いものであるかこそ可能なのです。
使い捨ての家具ではこうのように再生することも難しいでしょう。
北欧家具のみならず、本当に良いものを長く使っていく事はとても大切で素晴らしい事であることを再認識させてもらしました。
カイクリスチャンセンの椅子を張替えの際にはお気軽にお問い合わせ下さい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »