MISC

DIARY

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Thank you for your kindness.

Thank you for your kindness.

**お知らせ**

商品入荷・年末年始に伴う営業について

 

point_no39_imagephoto

 

 

本年もスタッフ一同、無事健康に過ごす事ができました。

これもひとえに皆様のお力添えの賜物だと心より感謝申し上げます。

 

毎年の事なのですが、今年の一年間も本当にあっという間で

何をしていたか思い出せないほど。

 

目まぐるしかったにも拘らず、笑顔で年を越せる事への

「感謝」と「喜び」を、まずは共に頑張ってくれたスタッフや周りの人たちに伝えさせてください。

「いつもありがとう。」

 

 

 

私は代表という立場におりますが、お店はお客様に支えられ、スタッフに支えられ、

周りの人たちに支えられて出来ているものだと思っています。

会社=人

私が創業当時から常に頭に入れている事なのですが、

忙しかったり、何かハプニングが起こったりすると結構忘れがちになってしまうので

頭がパンクしそうな時ほど「会社は人で出来ている。周りの人たちやスタッフがいてくれれば乗り越えられる。」と

自分に言い聞かせて冷静になるようにしています。

 

時代の流れを読みながら、右へ左へ意見を変えざるを得ない時もあります。

理不尽な意見に頭の血管が切れそうになるほど怒れてしまう事もあります。

人の冷たい態度に打ちのめされる事もあります。

 

そんな時は、無理してでも笑っていれば周りに人が寄ってきてくれる。

周りの人が無理して笑っているようなら、ただ近くにいてあげる。

人と人の繋がりというのはそういう事で出来ていくんですかね。

 

 

ピエロの涙化粧は、心の涙という話を聞いたことがあります。

辛くて泣けてしまう時でも、周りの人を笑わせる為にはしゃいで笑う。

私どもの社名は「CLOWNS」、ピエロ(道化師)の英名です。

ピエロほど人の事を考える事は難しいけど、自分の気持ちを我慢してでも

周りの人の事を考えられる人の集まりになれればいいな。というところから名付けたのですが

けっこうハードル高いですね。

まあ、目指すのは自由ですから(^^)

 

普段、こういう場で真面目な事を言う事をしないので

文章がまとまっているか心配になってきました。

来年は皆様にとって、どんな年になるのでしょうね。

私は、どんな年になったにせよ、また笑って過ごしていたい。

 

来年も皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

良いお年をお過ごしください。。。

 

 

代表 杉村 聡

 

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »