MISC

001EGOISTな家具たち

イギリスを中心にヨーロッパ全土から集められたロイズ・アンティークス唯一のコンセプトショップ、幅広いバリエーションからミックスカルチャースタイルをご提案致します。
  • ロイズ・アンティークス エゴイスト
  • ADD.
    目黒区碑文谷2-5-15
    TEL
    03-3716-3338
    FAX
    03-3710-9187
    OPEN
     11:00
    CLOSE
     19:00
    MAIL
    egoist@lloyds-antiques.com
    URL
    http://www.lloyds.co.jp/

ルネサンス

古い時代の美術を美しいと思う気持ちは、現代にはじまったものではありません。

古代ローマやギリシャの美術を復興しようとする運動を「ルネサンス」と呼びます。
今日は近代に起きた「ルネサンス」時代のアイテムをご紹介致します。

20171206ego-01

今日ご紹介するのは、1800年代イギリスのジョージアンキャビネットです。(NX000021
年代から、ジョージ3世の治世、アメリカ独立戦争後に作られた物だと思われます。
薄型で背が高く、ガラス扉に施された枠組みが魅力的なアイテムです。
20171206ego-02

枠はしっかりと縁取りがあり、丁寧に作られています。
20171206ego-03

鍵穴部分には白い木材で象嵌が施されています。

20171206ego-04

アンティーク家具は、左側の扉にストッパーがついていることが多いのですが、
こちらのアイテムは1900年代のアイテムと違い、非常にシンプルなストッパーがつけられております。
年代が古いことが、一目でわかります。

20171206ego-06

20171206ego-05

ジョージ3世の治世(1738~1820年)、ロココやバロック様式への反発からか、
中世におきた「ルネサンス」と同様の運動が起き、古代ローマ・ギリシャの様式が模範されるようになります。
このキャビネットにもその影響が現れており、
両サイドに古代ギリシャのドーリア式を思わせる柱のデザインが施されています。

20171206ego-07

キャビネットの上部の四角いデザインも、神殿の上部に施される装飾に似ています。

20171206ego-08

今日はこのキャビネットに、リプロダクションのソファ(LE27021704E)と
モダンのガラスのネストテーブル(NT00005860B)をあわせました。

20171206ego-09

20171206ego-10

20171206ego-11

時代を感じるアイテムを、ご自宅のコレクションに加えてみるのはいかがでしょうか。

20171206ego-00

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »