MISC

001EGOISTな家具たち

イギリスを中心にヨーロッパ全土から集められたロイズ・アンティークス唯一のコンセプトショップ、幅広いバリエーションからミックスカルチャースタイルをご提案致します。
  • ロイズ・アンティークス エゴイスト
  • ADD.
    目黒区碑文谷2-5-15
    TEL
    03-3716-3338
    FAX
    03-3710-9187
    OPEN
     11:00
    CLOSE
     19:00
    MAIL
    egoist@lloyds-antiques.com
    URL
    http://www.lloyds.co.jp/

家具との物語

家具との物語

夏になると、冒険に溢れたファンタジーが恋しくなります。
ファンタジー映画の名作「ネバーエンディング・ストーリー」をみなさんはご存知でしょうか。
原作はミヒャエル・エンデ「はてしない物語」というそれはそれは分厚い本なのですが、ここに素敵なフレーズが登場します。
「けれどもこれは別の物語、いつかまた、別の時に話すことにしよう」

何十年も前に作られた家具と触れ合っていると、以前はどこでどんな人に使われていたのか、想像が広がります。
私達の知らない、家具の物語をのぞいて見たいですよね。

さて、今日はインダストリアルを意識してコーディネートしてみました。

20170713ego-1

ご紹介したいのは、中央の「バンクドロワー」と「リーディングテーブル」です。

20170713ego-2

こちらが「バンクドロワー」です。
名前の通り銀行で使われていたものです。何が入れられていたのか、気になります!
メタルと使い込まれたパイン材がとっても男前です。

20170713ego-3

引き出しは薄めで、書類を入れるにはぴったりです。
すべての引き出しが網状の底板になっています。
佇まいもどっしりしてますが、この引き出しのせいか、重さもどっしりあります。

20170713ego-4

20170713ego-5

続いては、「リーディングテーブル」です。
天板はしっかり使い込まれており、輪染みや傷が良い雰囲気を作っています。

20170713ego-6

パイン材の天板も素敵ですが、このテーブルの1番の魅力は脚元です。
アイアンの脚のデザインが本当におしゃれです。
この脚おしゃれなだけでなく、ついているハンドルを回して、高さ調節も可能です。
また、天板をたたむこともできる優れものです。

20170713ego-7

エゴイストではアンティークの小物も販売しております。
ぜひ家具だけでなく、こちらも見に来て下さい。

20170713ego-8

古い家具には、私達の知らない歴史がいっぱい詰まっています。
ぜひそこに、新しくあなたと家具との物語を作っていって下さい。

アクセス
【東急東横線学芸大学】【JR目黒駅】
※駐車スペースございます。

お問合せはこちらまで
TEL:03-3716-3338
MAIL:egoist@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス エゴイストの在庫を見る

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »