MISC

FURNITURE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Bar Stool

Bar Stool

*お知らせ**

[Point No.38] 住所:東京都目黒区下目黒4-11-22 TEL:03-6452-4620

Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

・PRICE DOWNのお知らせ

・新商品入荷致しました。New arrival in May,2017

・納品事例:S様邸

・納品事例:H様邸

・納品事例:OISEAU BLEU (オワゾブルー)@山形市

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

IMG_3092l

こんばんは!タカハシです。

今回はカウンターチェアのご紹介です

座面裏にはchromodern社のクレジットが。

ゴールド部分は塗装されたアイアンで、かなり重量があるため

持ち上げるのは一苦労。

IMG_3112l

IMG_3132l

2脚あるカウンターチェア座面の生地は入荷後時、それぞれ異なっていましたが

張り替えし統一に。ブラックのレザーとゴールドでカッコよく締まった印象になりました!

IMG_3141l

低すぎず高すぎずな背もたれ部分は

フルール・ド・リスと呼ばれる、ユリの装飾が入っています。

この模様は古くから用いられていて、色々な意味を持っているのですが

意図的に取り入れる場合と、無意識的な紋章の継承として使われることもあるようです。

どちらにしても古くから途絶えることなく、大切にされている紋章なのですね。

カウンターチェアも大切に使っていきたくなるような気持になります^^

IMG_3098l

座面はくるっと回転させることができるのですが、

正面を向くように戻る仕組みになっています。

カウンターに設置して一度座ったら、退きたくなくなりそうな安定感です。

 

Bar Stool *CHR263

Bar Stool *CHR262

お店の什器としていかがでしょうか!

それでは今日はこの辺で。

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »