MISC

Lloyd's Antiques EGOIST

イギリスを中心にヨーロッパ全土から集められたロイズ・アンティークス唯一のコンセプトショップ、幅広いバリエーションからミックスカルチャースタイルをご提案致します。
  • ロイズ・アンティークス エゴイスト
  • ADD.
    目黒区碑文谷2-5-15
    TEL
    03-3716-3338
    FAX
    03-3710-9187
    OPEN
     11:00
    CLOSE
     19:00
    MAIL
    egoist@lloyds-antiques.com
    URL
    http://www.lloyds.co.jp/

元気ハツラツ

20170430ego-01
ハツラツとした日差しが眩しい今日この頃。良い天気は気持ちまで朗らかにしてくれるから不思議なものです。EGOISTのお店にも元気な明るい光線が射し込んできています。今回は暖かな日差しに囲まれ、リラックスした表情の家具たちのご紹介です。

20170430ego-02
大注目のこちらはEGO印のブックケース。貴重なマホガニーを使用し、1910年代頃のもの。

20170430ego-03
幾何学模様のステンドグラスが美しく、ついうっとりと眺めてしまいます。

20170430ego-04
鍵が扉の中央についているのが一般的ですが、上部に鍵が設置されており、ものづくりへのこだわりを感じることができます。

20170430ego-05
スタッキングのタイプですので、強度面も抜群。

20170430ego-06
内側にメーカーのロゴが記されていて、誇り高いブックケースと言えます。

20170430ego-07
繊細なラインでありながら主張のあるブラスチェアは、1960年代のイタリアよりやってきました。

20170430ego-08
クラウンのようなフォルムは優雅な佇まいと交わり、まるで王女様ための椅子のように輝いています。

20170430ego-09
張替えられたピンクのモケットが全体を可愛らしい印象に仕上げます。

20170430ego-010
儚げで夢見心地のブラスチェアです。

20170430ego-011
最後にこちらのご紹介。一見分かりづらいですが、こちら実はグラモフォン(蓄音機)なんですよ。

20170430ego-012
上段部分を開くと納得ですね。インテリア用ではございますが、動作確認をしたところレコードを聴くことが出来ました。

20170430ego-013
ゼンマイ式なところもアンティークならではです。

20170430ego-014
下段を開くと音響を上げることができます。今では見ないようなアナログな仕掛けがアンティーク好きには堪りません。せっかくなので、店頭でご覧くださいね。また、只今ゴールデンウィークのフェアも開催中です!詳細はコチラ。お愉しみ頂けるイベントになっておりますので、是非ご参加くださいね。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

アクセス
【東急東横線学芸大学】【JR目黒駅】
※駐車スペースございます。

お問合せはこちらまで
TEL:03-3716-3338
MAIL:egoist@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス エゴイストの在庫を見る

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »