MISC

FURNITURE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Mercury and the Milkcan !?

Mercury and the Milkcan !?

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620

Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

【NEW ARRIVAL 2016】 商品一覧はこちらから

・納品事例:世田谷区代田 住宅

・納品事例:9灯&6灯 Chandelier

・納品事例:神田鍛冶町(GEMS神田)

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

IMG_0088l

こんばんはカスヤです。

 

先日、日本で仕事しているアメリカ人の友人がお店に遊びに来てもらう事があり、

懐かしい!見た事ある!やアメリカに帰ったみたいと言ってもらい、

何だかうれしいような照れくさいような気になりました笑

また機会があればお待ちしています!

 

さて、本日は個人的にかなり欲しいと思うアイテムのご紹介。

あなたはどちらの色が良いですか?銀?黒?

IMG_0086l

IMG_0049l

実際に見た事はなくても、コンビニのロゴになるくらいパッと見て何か分かるアイテムの

ミルク缶ですが、現在銀の物と黒の物が2点あり、先程よりHPにて公開しましたので、

本日はこちらをご紹介!

 

ザ・ミルク缶という様なフォルムをしている銀色の方から。

こちらは比較的年代が新しく、素材はアルミで底から牛乳を取り出せるような穴があり、

用途上多少のキズや凹みはありますが、かなり綺麗な状態です。

IMG_0084l

IMG_0090l

蓋もしっかり開閉する事が出来、収納を兼ねたスツールはもちろんのこと、

アメリカでは、DIYで様々な用途に変化させる位、他用途にお使い頂く事が出来ます。

 

傘立て、植物の鉢、テーブルの支柱や、照明、動物の小屋などなど・・・

IMG_0091l

一方の黒い方は、鉄製の缶に塗装が施されて時間が経ったものと思われます。

本来の役目を終えて時間がかなり経っているのか、所々サビが浮いてきていたり、

蓋の中心部分が少し凹んでいたりと、インダストリアルなデザインや家具が好きな方には

こちらの方が気に入って頂けるかもしれません。

IMG_0061l

こちらも蓋の開閉はしっかりと出来ます。

但し、中は口の部分のみ塗装が残っているような状態です。

IMG_0057l

底面は本来の色でしょうか?

ほど良いサビが出てきており、オイルやワックス等を定期的につけながら、使用すると、

雰囲気を保ちながらも周りをサビで汚す事なく使うことができます。

IMG_0067l

こちらはスツール一択がオススメ!

銀の物より、座り心地がよく、且つ直径が小さいので、狭い空間で活躍してくれると思います。

トイレや洗面室などちょっと物を置いたり、座ったり、見栄えしないものを収納したりと・・・

とにかくスツール一択です笑

 

Milk Can*OR479

Milk Can*OR478

 

タイトルは金の斧?銀の斧?で有名なイソップ物語の英語名をいじってみました。笑

ではまた。

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »