MISC

FURNITURE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

What is this HARDWARE ?!

What is this HARDWARE ?!

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620

Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

【NEW ARRIVAL 2016】 商品一覧はこちらから

・納品事例:世田谷区代田 住宅

・納品事例:9灯&6灯 Chandelier

・納品事例:神田鍛冶町(GEMS神田)

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

写真 H29-02-12 19 23 59l

こんばんは、カスヤです。

今日はPoint No.38よりブログを書いておりますが、

店内にある家具や照明をミクロな視点でお届けしたいと思います。

 

アップで見てみると意外にどんな物に付いている金具なのか分からないかもしれないので、

想像を膨らませながら読んで頂けると面白いかもしれませんのでぜひ!

 

ではまずは初級編から!

透明のケースの中に細かなパーツがたくさん…配線の様な物も見えますが、何のパーツでしょうか?

写真 H29-02-12 19 26 00l

正解は時計のムーブメント(動力部)でした。正確には金物ではないですが笑

KIENZLE(キンツレ)というブランドの物で、ドイツ製の置時計でかなりずっしりと重さがある物です。

現在は盤面のガラスが無い状態ですが、新しいものを入れて準備する予定です。

写真 H29-02-12 19 25 45l

写真 H29-02-12 19 28 10l

続いては中級編。

ブログをご覧頂いている方はすぐにお分かり頂けるかと思いますが、どうでしょうか?

球体パーツに棒状の軸が刺さり、それを包むようなパーツ…

可動しそうな感じですね。

写真 H29-02-12 19 21 52l

正解は、デスクランプ根元の画像でした。

詳しい商品の説明は先日のブログよりご覧頂く事が出来るのでぜひどうぞ!

ボールジョイントと言う関節部分の拡大画像で、簡単に可動させることができつつ、

その角度を固定する事が出来るビンテージの物ではよく見受ける事が出来ます。

写真 H29-02-12 19 22 05l最後はこちら。

三本のレールに覆いかぶさる板状のパーツ。

そして向きが異なる大きなハンドルが二つ。車輪のような物も・・・

さてなんだと思いますか??

写真 H29-02-12 19 23 59l

正解は天板の角度が調節する事が出来るテーブル裏の拡大写真でした。

スケッチテーブルと言って天板の角度が調節出来、且つ傾けた天板自体の高さを調節出来るように

レール上を移動して絶妙な位置に調節する事が出来ます。

写真 H29-02-12 19 24 10l

開くとこの様な形になり、ちっちゃな引き出しが付いているのもポイントです。

拡大写真は機械要素がプンプンした写真でしたが、木材と金属がうまく融合して、

実用性と品の良さを併せ持ったテーブルです。

09281452_52466e8b1ce0bl三枚の写真全てわかりましたか?

また機会があればぜひこの金物(ハードウェア)特集をしたいと思いますので、お楽しみに。

既にご紹介したいネタ(金物)が浮かんでいますので・・・

 

ではまた。

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »