MISC

FURNITURE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Vintage Milk Can.

**お知らせ** ・ [Point No.38] 住所:東京都目黒区下目黒4-11-22 TEL:03-6452-4620 Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。 【NEW ARRIVAL 2016】 商品一覧はこちらから ・納品事例:世田谷区代田 住宅 ・納品事例:9灯&6灯 Chandelier ・納品事例:神田鍛冶町(GEMS神田)「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。   写真 2017-02-11 16 40 37l   こんにちはサナシンです。   本日は、Vintage Milk canのクリーニング過程を ご紹介致します。 家具などのクリーニングは色々な方法があり 素材や状態によってやり方を変えています。 今回は、鉄製のクリーニングとなりますのでまずは状態確認をします。   写真 2017-02-11 16 40 56l 写真 2017-02-11 16 41 03l   写真 2017-02-11 16 40 43l   全体的に錆が発生していてその上汚れもひどく 素手で触る事を躊躇してしまいます。 何よりも、本来は蓋が外れる様になっているはずなのに 全く外れずませんでした。 錆が発生したことによって固着してしまっている為 潤滑材などを使用しながら少しづつ外していきました。   写真 2017-02-11 16 41 50l   写真 2017-02-11 16 41 58l   外れたはいいものの、長らく放置されていた為 埃が固で着していたので、まずは全体の埃取りから 進める事にしました。   ウエスで大きな埃をふき取り、細かな部分はブラシを使ってかき出し 固く絞った雑巾で、全体を拭きます。   写真 2017-02-11 16 48 24l 写真 2017-02-11 16 56 22l 写真 2017-02-11 16 56 36l   最初に比べるときれいになりましたが、素手で触ると錆が手に付きますので 次は、全体を磨いていきます。 錆を落としながら磨いていくのですが、ここで重要なのが クレ5-56で、本来は潤滑剤として使用される事が多いですが 実は、さび落としにも非常にいいです。   クレ5-56に入っている成分が錆に効果的で 錆部分に吹きかけるだけで、溶かして落としてくれます。 クリーニングの際は、吹きかけるだけはありませんが 使用して磨く事で、錆が落ち表面の凹凸も滑らかになります。   写真 2017-02-11 17 12 27l   写真 2017-02-11 17 12 37l   汚れが落ち艶がでてクリーニング前とは全く違っています。   表面を削っているわけではありませんので、キズなどが残っていますが 手を加えすぎてしまうとせっかくの雰囲気がなくなりますので 基本的には、ここまででクリーニング完了となります。   この状態で完成という事でも問題ありませんが Point Noでは最終的に蜜蝋ワックスを塗って仕上げています。   写真 2017-02-11 17 12 52l   あまり代わり映えしないので分かり難いですが 蜜蝋ワックスを塗りこむ事で、表面に保護膜が出来 防錆効果があります。 塗装などに比べると効果は薄いですが 室内での使用であれば十分な効果が期待できます。   家具のクリーニングといってもただ拭くだけではなく これからも長く使っていける様に、色々な作業をしていますので ご購入後も安心してお使い下さい。   それでは、今日はこの辺で。   SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。 【facebook】 【Instagram】 Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店 →Furniture Page Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »