MISC

Lloyd's Antiques EGOIST

イギリスを中心にヨーロッパ全土から集められたロイズ・アンティークス唯一のコンセプトショップ、幅広いバリエーションからミックスカルチャースタイルをご提案致します。
  • ロイズ・アンティークス エゴイスト
  • ADD.
    目黒区碑文谷2-5-15
    TEL
    03-3716-3338
    FAX
    03-3710-9187
    OPEN
     11:00
    CLOSE
     19:00
    MAIL
    egoist@lloyds-antiques.com
    URL
    http://www.lloyds.co.jp/

MY RECOMMEND ITEMS!

20161217ego-01
気温はぐっと寒くなりましたが、からっとした冬空が気持ちよい今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。寒い日にはおうちの中でゆっくりと大切な人と過ごしたいものです。最近の私は、お気に入りのお茶を飲みながら愛猫とまったりと過ごしています。そこにお気に入りの家具があればそれはもっと素敵な時間になるはず!ということで今回はおすすめのアイテムのご紹介です!
20161217ego-02
さて突然ですが、こちら何かお分かりになりますか?実はグラモフォン(蓄音機)なのです。アイポッドや携帯電話で音楽を聴くようになった今と比べてしまうと時代を感じるアイテムです。

20161217ego-03
扉を開くと音が大きく響く構造になってます。

20161217ego-05
実は今でも可動するので、是非音色を聴きにいらして下さいね。1930年代のイギリスへタイムワープできますよ。

20161217ego-05A
ロイズではすっかり人気のアイテムカテゴリーとなりましたタイルトップテーブル。こちらはタイルにガーベラのデザインがモチーフとなっています。

20161217ego-06
スッとしたクロムの脚に発色のよいタイル天板、家具アートとしてお部屋全体のイメージを明るくしてくれそうです。

20161217ego-08
背もたれ部のクッションが嬉しい、ありそうでなかなか珍しいドレッシングチェア。

20161217ego-010
ヴィクトリアン時代後期の1880年代のもので、主に寝室などで使用されていたと推測します。

20161217ego-012
もちろんダイニングチェアやデスクチェアとしても存在感は抜群です。ふかふかとした座り心地は時間を忘れてくつろいでしまいそうです。

20161217ego-013
ルイ15世スタイルとして有名なフランス製のディスプレイキャビネットです。

20161217ego-014
かわいらしさに目が行きがちですが、歴史を感じさせる50’sフレンチペイントの風合いは、現代にないヴィンテージならではの存在感をお部屋にもたらし、ロココスタイルへと印象付けてくれることでしょう。いかがでしたでしょうか。他にも沢山の素敵なアイテムが続々と入荷中です。是非、ご来店くださいね。皆様のご来店お待ちしております。

アクセス
【東急東横線学芸大学】【JR目黒駅】
※駐車スペースございます。

お問合せはこちらまで
TEL:03-3716-3338
MAIL:egoist@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス エゴイストの在庫を見る

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »