MISC

Master Lock

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Master Lock.

**お知らせ**

アルバイトスタッフ募集のお知らせ。

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.38は、水曜定休です。(Point No.39は営業しております。)

Happy bike Meeting 2014 開催決定。→無事終了致しました。ありがとうございました。
新装刊「Fine」No.431に紹介されました。
2nd別冊「The Interior」に紹介されました。
男の隠れ家MONO「散歩で巡るアンティーク、骨董、小道具の店」に紹介されました。
Leather saddle bag 販売開始。

2014101719508.jpg

 

こんばんは、スギです。

このところ流通が滞りがちなMaster Lock。

そろそろ日本に入ってこないかもしれないので、その前に再度スポットを当ててみようと思います。

2014101719554.jpg

一般的なPadlock(パドロック)と呼ばれるタイプ。

海外では、ロッカーや倉庫の扉などに使用される一般的な形。

Master Lockが創業した1921年から1950年代までは、

上の写真でいう青色の樹脂部分のパーツは付いていなかったのですが、

1960年代からこのような飾りが付くようになり、今に至ります。

20141017201930.jpg

その当時の広告に、こんな「銃で撃っても開かない。」という物がありました。

いかにも銃社会アメリカって感じですね。

このパドロックは全部で5色(青、緑、赤、白、黄)あり、

シャックルの長いタイプもありますが、これはグレイ一色のみ。

20141017202429.jpg

 

このようにして使用します。

20141017202455.jpg

 

まだもう少し種類があるのですが、残り一つだけ。

20141017202141.jpg

Old english。見た目も名前もいい感じです。

残念なことに自転車に使用するための専用チェーンは、ここ数ヶ月メーカー欠品中なので

自転車に使用するには何か手立てを考えないといけませんが、

ひとまず飾りにしておくのも良さそうです(^^)

 

ほしい時に手に入らなくなる可能性が出てきたので、私もパドロックを5色手に入れておくつもり。

Web shop上でも数少なくなっておりますので、気になっていたという方はお早めに。

 

それでは、また。。。

 

過去の記事はこちら

Facebook Page;  facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page 

Bicycle Page

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

SHOP MAP

Translate »