MISC

専門学校 ICSカレッジオブアーツの記事一覧 ( 85 )

インテリアデザイン、インテリアコーディネーターの専門学校 ICSカレッジオブアーツ
  • shop_logo_b19ics専門学校 ICSカレッジオブアーツ
  • ADD
    目黒区柿の木坂1-5-6
    TEL
    03-5701-2211
    FAX
    03-5701-2212
    OPEN
    9:00 a.m.
    CLOSE
    6:00 p.m.
    MAIL
    info-1@ics.ac.jp
    URL
    http://www.ics.ac.jp/
古郡 弘先生。(彫刻作家活動)
メリークリスマス・イブですね! 私は昨日から先取りでケーキを食べています! もちろん今日の分と、あしたの分もきちんとありますよ?うふふ☆ そして昨日は天皇誕生日でした。なんと77歳。喜寿です。 まさかさかなクンの話題が出てくるとは思いませんでしたが、生物学の専攻だったらしいですね。 それはさておき、 またまた先生を見て...
「ものづくり」に出展します。1/15-16の土日にビックサイトへGO!
実はインテリアデザインの学校である我らがICSでは、 学校内に工房を保有しているのが特徴的です。 机上でだけ習うデザインではなく、手を動かして実物を作り上げること も重視しています。 近年の日本では、職人さんが減少していると言われています。 工場が海外移転続きであれば、それも納得のいくところですよね。 海外で出来ること...
加茂 紀和子先生。(建築・インテリアデザイン)
加茂先生は、タルディッツ副校長の奥様でいらっしゃいます。 マニュエル・タルディッツ副校長と加茂紀和子先生のご自宅 という ICSサイト内の記事からも、推測して頂けることでしょう。 おふたりとも、もちろん、みかんぐみの所属であり、ICSの講師でもあります。 みかんぐみ・・・http://www.mikan.co.jp/ ...
伊藤 雅春先生。(コミュニティデザイン・建築設計)
夜間コースの先生をしています。伊藤先生。 インテリアデザインの学校ICSの講師紹介ページ にもありますように、 伊藤先生のWebsite へリンクがついていました。 まちづくりワークショップをメインに活動されていらっしゃるのでしょうか。 大久手計画工房という名前の通り、まちづくりを計画している感じが出ていますね。 大久...
インテリアコーディネーター科の詳細が、いま明らかに!!
インテリア を極めるなら、この学科。 インテリアコーディネーター科、土曜日1年コース、新設!! ついに詳細が公開されました。 1年で極めるといっても、なかなか実力をつけるという到達点までは 難しいところでした。 資格をとるのか、 資格として求められている実力をつけることをとるのか それは、どんな仕事がしたいか、その思い...
大村 和哉先生。(建築設計)(学生生活部部長)
実は私も大変お世話になっている、大村先生。 向かいの席に座っていると、とても陽気な先生というイメージを持っています。 なんだか、毎日が楽しそうです。 ICSのサイトにある写真にあるような、とても温和な先生です。 ※ICS講師紹介 参照 なんとびっくり、著書もあったんですねー。 建築のインテリアデザインという本 を共同著...
松崎照明先生。(建築意匠研究)
インテリアデザインの学校ICS講師一覧 のページ順にご紹介していきましょう。 水野誠一校長、 タルディッツ副校長に続いて 松崎先生。 2002年には、特別公開講義 も行っていらっしゃる先生です。 ※特別公開講義とは・・・学生以外の一般の方も聴講して頂ける公開授業になっています。 建築意匠研究をされているということですが...
コンペで優秀賞を受賞。(インテリアデコ卒業生)
コンペがあって、知名度が知られて、お仕事が入ってくる というのが、自分の名前を売りにして仕事をするには、大切な要素となってきます。 そんな業界の特徴のなかで コンペで優秀という位置付けとなった卒業生のニュースが入りました。 ※ICSウェブサイトにて、該当の卒業生の顔写真もあります!! [PCサイト]インテリアデコレーシ...
インテリアアーキ&デザイン科卒の相田さんが新聞に。
嬉しいご報告です   家具製作を東麻布にて行っている相田さん。   新聞に掲載された模様。 [PC版]インテリアアーキテクチュア&デザイン科II部OBの相田清隆さんが、日刊工業新聞にて [携帯版]インテリアアーキテクチュア&デザイン科II部OBの相田清隆さんが、日刊工業新聞にて   作り手...
校長、水野さん。
副校長からお話してしまいましたが、 もちろん、校長もいます!・・・って、当たり前ですね~。 特別公開講義では、 前回は対談も行いました。 水野校長VS隈研吾先生ということで、非常にポイントを引き出してくれる すごい校長だなーと私は思いました。 そういえば、私のまわりではノロウィルスや風邪が流行っているようですが 皆様は...
Translate »