MISC

Point No.39

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

SPOT

SPOT

<お知らせ>

通常営業再開のお知らせ(5/26~)

【LINE公式アカウント】 開設のお知らせ
・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。
PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

こんばんは、杉村です。

このところお引越し予定の方やこれから建てる。という方のご来店が多く

一旦止まっていたような流れが戻ってきていますね。

友達もかわいい車に乗って遊びに来てくれました。Land rover defender.

 

point_no39_defender

 

 

しかし、コロナの前の世界には戻ることはないので自衛は大切です。

お店にもアルコール消毒を置いていますので、そういったツールを活用しつつ

お店とお客様、お互い気を付けていかないといけませんね。

相手を敬う事は自分を守ることに繋がります。

 

さて、今日は題名にもあります「SPOT」電球を使用した照明のご紹介です。

 

まずはフォルムがたまらない「OPL080」。

point_no39_spot

 

ちょこんと突き出た角のような部品は、配線が抜けないようにする為の配線留めというパーツ。

ここをあえて真鍮にすることによりアクセントにしています。

※実は、シルバーに変更する事も可能。

 

point_no39_spot

 

スポット電球にしたことで電球のデザインを楽しむことは出来ませんが

宙にこの球がいくつか浮かんで、その下にあるカウンターやテーブルだけが明るく光る。

想像すると幻想的じゃないですか?

 

 

そして次は

 

つい先ほど完成した新作のクリップライト。

 

point_no39_spot

 

クリップといっても、バネの力でテーブルなどを挟みこむ物とは違って、

シャコマンのようになっているのでガッチリ固定できます。

 

point_no39_spot

 

首も振れるので、作業する手元を照らしたり、

見せたいディスプレイに光をあてたり。

 

point_no39_spot

 

ずっと作りたいなぁ。と思っていてやっと手が付けられたひとしななのですが、

まだプロトタイプなので、今後作り続けるかは未定です。。。

ひとまずカッコいいな。と思えるクリップライトが出来上がりました。

 

LEDのスポット電球限定の照明器具となりますが、局所的に照らしたい箇所がある場合は

周りも熱くなりにくく、おススメです。

 

 

point_no39_spot

 

来週は雨が続きそうですね。晴耕雨読、

雨の日はボンヤリ過ごしましょう(^^)

 

 

それでは、また。。。

 

 

友だち登録はこちらから☟

【IDで検索】 @pointno39

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

杉村のインスタ

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »