MISC

FURNITURE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

パインの質感を楽しむ。

<お知らせ>

 

・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。

PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

営業に関するお知らせ【4/12 改定】

 

 

こんばんは、冨澤です。

先日、Point No.38のディスプレイをガラッと変えました!

 

写真 2020-04-18 20 03 12

 

デスクや本棚を新しく入荷して、

照明と組み合わせてみました(^^)

 

そして今回、店頭に入荷した中からこの子を紹介します!

 

147160405

 

背の高いパインのブックシェルフ。

 

パインて良く聞くけど、どんな種類なの?

という方も改めて多いと思います。

 

ここで私も大好きなパイン材の魅力を改めてお伝えします!

 

パインとはマツの木の事。

針葉樹で柔らかく、加工しやすいのが人気の一つ。

柔らかい木材なのでキズも付きやすいけれど、その分直すことも簡単。

現在では、柔らかい色合いや節のもつナチュラルさが親しみやすい木材として人気です。

 

このシェルフはイギリスからやってきたものですが、

1800年代のヨーロッパでは

節の多いパイン材は価値が低い物として扱われ

イギリスのお屋敷では召使たちが使っていた調理場や作業場の家具として作られたものが殆ど。

 

こういうと、マイナスなイメージがついちゃいそうですが、

パインは加工がしやすいので、

当時の物も、脚が挽物脚になっていたり、彫刻のワンポイントが入っていたりと

おしゃれなデザインが多いのも特徴だったのです!

 

1800年代後半~1900年に、

召使たちが使っていたパイン家具は

キッチンファニチャーとして沸々と人気が出始め、

なんと。

気づけば19世紀に入ってからは、

パイン材が持つ優しい木目や、柔らかさ、味わい深い魅力に気付いたヨーロッパの人たちの間で大人気となったのです。

 

パインは使えば使うほど飴色が濃くなっていき、

年代を重ねたパインの味わい深さは他の木材ではなかなか味わえない物。

そんなオールドパインのアンティーク家具は現在、ヨーロッパでは高値で取引されているそうですよ!

 

 

147160405_o7

 

このシェルフも1900年頃のもの。

飴色となったパイン材の風合いを思う存分楽しんでいただけます。

このカクカクした手彫りのようなデザインも

少しスパイスが効いてます(^^)

 

147160405_o12

 

高さ1990mmもあるシェルフですが、

なんとセパレートタイプになっているので、持ち運びも簡単!

女性の方でも簡単に運び出し&組み立てが出来ますよ。

 

細かく仕切られた棚には

CDと文庫本が丁度入る大きさ。

 

お家タイムの多い今、

収納しきれなかった細かいアイテムをこの子に飾って

楽しんでみてはいかがでしょうか(^^)?

 

こちらからご覧いただけます。

Pine Wood shelf パイン ウッドシェルフ

 

それでは、今日はこの辺で!

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

 

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »