MISC

Meeting

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

家具のこれから。

家具のこれから。

**お知らせ**

・12/7(土)、12/8(日) Work shop & talk event「家具のこれから」詳細はこちら→「家具のこれから」
・Warehouse 一般公開中。※不定休の為、事前にご確認ください。⇒ マップ
・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。
PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

こんばんは、杉村です。

いつもは日曜の夜にブログを書くようにしているのですが、今日は土曜日にさせて頂きました。

 

明日、日曜日は「家具のこれから」というワークショップとトークショーのイベントに

登壇させて頂くので、告知させてください(^^)

 

point_no39_kagunokorekara

 

 

詳細は上のお知らせよりリンクで飛べますので、そちらをご覧頂ければ幸いです。

 

 

今日のワークショップの様子はこんな感じ、

 

point_no39_kagunokorekara

 

 

point_no39_kagunokorekara

 

これは木象嵌(もくぞうがん)のワークショップですが、

木象嵌って何?っていう方も多いと思いますので

さらりと画像でご説明。

 

point_no39_kagunokorekara

 

このように色や木目の異なる木の板を貼り合わせて造る装飾の事で

修復にも使われる技術。

 

point_no39_kagunokorekara

 

これらはZouganista 望月氏の作品。

 

point_no39_kagunokorekara

 

すごいの一言ですね。

 

修理や修復と言っても色々なニーズがあって

どのように直すのかは、実際のところ技術者とお客様の間で決まるもの。

 

私は明日、トークショーと照明製作のデモンストレーションを行わせて頂きますので

家具修復の手元を見て頂く事は出来ないのですが、

その道を極めんとする一流の技術者の方々がその手元を惜しみなく

披露しますので、これは同業者の我々にとっても本当に楽しみなんです(^^)

 

ワークショップもかなり興味深い内容だし、

トークショーは投げ銭方式(^^)

 

私もお店以外で照明を作る事などないので

果たして見応え的にどうなのか分かりませんが、

冷やかし歓迎です。是非お立ち寄りください。

「家具のこれから」

 

 

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具と照明、ヴィンテージ自転車のお店

Lighting

Furniture Page

Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »