MISC

DIARY

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

昨日は蔵前へ

**お知らせ**

・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。

PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

 

こんばんは冨澤です。

最近は夜風も気持ちいいなぁなんて思っていたらあっという間に9月突入。

2019年もあと4ヶ月しかないなんて…

 

なんで大人の1年ってこんなに早いんでしょうね。。

とはいえ、まだまだ日中に感じる夏を最後まで楽しんでいきましょう!

 

 

さて、昨日お伺いしたレセンプションパーティーのお話。

お仕事終わりに蔵前にある「自由丁」さんへ。

「自由丁」さんは未来にお手紙が送れるというなんとも面白いコンセプトのお店です。

 

 

入り口の看板を照らすブラケットランプと店内のペンダントランプに

Point No.39の照明を選んで頂きました!

 

20190831-IMG_0464

20190831-IMG_0467

 

店内にこちらのペンダントを沢山付けて頂きました!

 

 

こうやってレセプションに呼んで頂けて、

旅立った照明がお店で明かりを灯しているのを見ると、なんだかジーンとしちゃいますね。

しっかりお店を明るく照らしてくるのだよ。

と心の中で照明達に語りかけてきました(笑)

 

 

お店は築年数のある木造建築でとてもほっとする空間。

幅広いジャンルの本がずらり。

 

20190831-IMG_0468

 

 

20190831-IMG_0463

 

 

1年後の自分にお手紙を書けるそうなので、

自分自身とゆっくり向かい合いたいとき、

相手を想いながらお手紙を書きたいとき、ぜひ訪れてみてください(^^)

とっても素敵なお店です。

 

 

最近はお店巡りをすると、

偶然Point No.39の照明が飾ってある場面に出くわすことが多く

空間や空気感でこんなにも照明が違って見えることに驚いてばかりです。

 

 

使って頂いている照明の写真もこちらで徐々にお披露目出来ていけたらと思います!

 

 

 

最後に・・・

昨日お家の最寄り駅で踏まれそうになっていたクワガタを救出した写真。

カブトムシとクワガタを見つけると無駄にテンション上がってしまう冨澤です。

これはノコギリクワガタ?

 

 

昆虫苦手な方、ごめんなさい。。。

 

写真 2019-09-01 19 54 16

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具と照明、ヴィンテージ自転車のお店

Lighting

Furniture Page

Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »