MISC

ORNAMENT

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

透かしてみると

透かしてみると

<お知らせ>
・GWの営業日→定休日水曜のみお休み頂きます。
PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ
・Point No.39内のSUNAO COFFEEは、3/1から11:00~17:00の営業時間となります。

こんばんは、大野です。

近頃暑くなったり、急に寒くなったりと天候の情緒が不安定に感じますが

皆さんは体調を崩されたりしていませんか?

個人的に寒い分には良いのですが、暑いのはかなり苦手なので

今から夏が恐ろしくてたまりません。

さて、本日は姉妹店のASTON GARRET ROOMのアイテムから紹介します。

写真 2019-04-29 19 20 39

お店に入ってすぐ左手に、こんな感じでヴィンテージフィルムがディスプレイされています。

私は上手く写真が撮れたと思ったのですが、オーナーから

いやいやまだまだでしょ~笑 と言われてしまいました。悔しい。

こちらはイギリス買い付けのアイテムですが、実は映っている風景は世界各国の景色です。

この様に下に照明を置いたり、明かりの方向に透かしてみると

色んな風景が色鮮やかに浮かび上がるので、稀にひっそり一人で透かして見ています。

写真 2019-04-29 19 14 06

そんなヴィンテージフィルムですが、ここはどこの国かな?と

地名を探したりして遊べるのが大野的に面白いポイントです。

この時はブログで書きたいが為に

必死に地名の様な文字の映っているフィルムを探していました。

写真 2019-04-29 19 15 17

これは絶対地名だ!と思ったのですが、

書いてある文字で検索するとボートしか出てきませんでした。悔しい。

写真 2019-04-29 19 21 35

さすがにこれはもう地名です。明白ですね。

ロンダからの景色だそうで、このロンダという地域はどうやらスペインみたいです。

調べると歴史も古く、新石器時代から人が定住していたと見られる痕跡があるそうな。

フィルムを覗かなければ知ることはなかったかもしれません…。

とまぁこの様な感じで、ヴィンテージならではの歴史を垣間見れたり

意外と長く見ていられる不思議なアイテムだったりします。

皆さんもお気に入りの景色など探してみてはいかがでしょうか?

行ってみたい場所が見つかるかも知れませんね!

それではまた。

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »