MISC

001EGOISTな家具たち

イギリスを中心にヨーロッパ全土から集められたロイズ・アンティークス唯一のコンセプトショップ、幅広いバリエーションからミックスカルチャースタイルをご提案致します。
  • ロイズ・アンティークス エゴイスト
  • ADD.
    目黒区碑文谷2-5-15
    TEL
    03-3716-3338
    FAX
    03-3710-9187
    OPEN
     11:00
    CLOSE
     19:00
    MAIL
    egoist@lloyds-antiques.com
    URL
    http://www.lloyds.co.jp/

ブルーコーディネート

ブルーコーディネート

フランスから買い付けたブルーのソファがEGOISTへ入荷いたしました。
孔雀のようなソファの色を基調に、モダンのサイドボードとコーディネート致しました。

20180122ego-00

ソファは全部で3色。EGOISTへは、ブルーグリーンとピンクのソファが入荷致しました。
貝殻や孔雀の羽のように丸く広がったソファは、愛らしく女性に大変人気がございます。
2シーターもありますので、お問い合わせください。

20180122ego-01

20180122ego-02

ソファと合わせたのは、ローズウッドのサイドボード。
少し明るめの茶色に、黒い木目が美しく、スリムな脚元がスタイリッシュな1点です。
20180122ego-03

扉の美しい木目。取手や引き出しの間が少し濃いめの木材で作られております。
シンプルながら、こだわったつくりがうかがえます。
20180122ego-04

中央の扉を開けますと、左が布張りの引き出し。右が棚になっています。
引出しの上は鏡張り。グラスや陶器・アクセサリーなどの収納にむいております。
20180122ego-05

20180122ego-06

両サイドは1段ずつ板が入っています。
リビングで活躍してくれるサイドボードは、収納量も大切なポイントです。
こちらでしたら、小物から大きなアイテムもすっぽり収まってくれます。
20180122ego-07

見た目や収納だけでなく、設計がきちんとされており、
両サイドの引き戸は、中央の取手の手前で止まるようになっています。
「勢いよくあけてもぶつからない扉」当たり前のように思いますが、意外にもこの仕組みはほとんど見かけません。
丁寧で緻密、使う側のことが良く考えられています。
20180122ego-08

両サイドの引き戸には目隠しがつけられています。
少し扉が開いていても、わからないよう気遣いがされています。
20180122ego-09

天板には美しいローズウッドの板目。
どこを取ってもスマートなサイドボードは、EGOISTでご覧いただけます。
20180122ego-10

商品詳細はこちらから 

  • AH00881812
    W930 D800 H780
    本体価格 ¥250,000
    (税込 ¥270,000)
  • TN008604
    W2105 D435 H855
    本体価格 ¥550,000
    (税込 ¥594,000)
  • 【EGOISTの商品はこちらから】
    【EGOISTのブログはこちらから】
    【EGOIST限定アイテムはこちらから】

    《ロイズ・アンティークス EGOIST》
    〒152-0003
    東京都目黒区碑文谷2-5-15
    営業時間 11:00~19:00
    アクセス
    【東急東横線学芸大学駅】【目黒駅】
    ※駐車スペースございます。

    お問合せはこちらまで
    TEL:03-3716-3338
    MAIL:egoist@lloyds-antiques.com

    SHOP MAP

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)

    Translate »