MISC

LAMP

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

たくさんの真鍮部品.

**お知らせ **

・Point No.39、Point No.38、Chambre de nimes BROCANTE 3店舗は水曜定休となります。
・French country「Chambre de nimes BROCANTE」 も仲間入りです。どうぞ宜しくお願い致します。
一部商品値下げのお知らせ。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

 

point_no39_chandelier

 

こんばんは、杉村です。

雨上がりの気温上昇でムシムシの一日でしたね。

こういう日は、

徹底的に作業に没頭する。と決めて一日過ごす。⇒汗をかく。⇒気持ちいい。

⇒ビールが美味い。

非常に良い連鎖です(^^)

 

作業に没頭し、上の写真の部品を使用して

出来上がったのがこちら。

 

 

point_no39_chandelier

 

結構な数の部品を使用しているんです。

 

point_no39_chandelier

 

しかも、途中で後戻りが出来ない様な造りになっているので

神経は常にピンと張りながら。

 

真鍮という部品は、金属の中でも柔らかい素材で

加工がし易い事から、昔むかしは工業製品によく使用されていました。

 

point_no39_chandelier

 

でももっと加工がしやすく、安価な金属のアルミニウムが一般的になると

真鍮が徐々に使われなくなっていきます。

 

年数が経ち、色が「アジ」という物に変化するのが真鍮の魅力でもあり

アンティークやビンテージという言葉のすぐ近くには常にこの金属があるんです。

 

のちにアンティークと呼ばれる様な物を「今」作りだしたいと思ったら

素材も追及しますし、製作時にはやっぱり神経を張ってしまうんですよね。

 

ご来店の際にはぜひ

細かい部分にも注目して、ジロジロ見てみてください(^^)

 

今日もいい仕事ができました!

 

それでは、また。。。

 

 

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »