MISC

001EGOISTな家具たち

イギリスを中心にヨーロッパ全土から集められたロイズ・アンティークス唯一のコンセプトショップ、幅広いバリエーションからミックスカルチャースタイルをご提案致します。
  • ロイズ・アンティークス エゴイスト
  • ADD.
    目黒区碑文谷2-5-15
    TEL
    03-3716-3338
    FAX
    03-3710-9187
    OPEN
     11:00
    CLOSE
     19:00
    MAIL
    egoist@lloyds-antiques.com
    URL
    http://www.lloyds.co.jp/

くつろぎの時間

くつろぎの時間

ゆったりと体を預けるソファやチェアは、他のどんな家具よりも触れあう時間が長いアイテムです。
今日はEGOISTから個性あふれる1950~70年代イタリアのチェア4脚をご紹介致します。

20180224ego-01

白く丸く、ケーキやお菓子のようなアームチェアは、1950年代イタリア製。
色合いが重たくなりがちなクラシックスタイルのアンティークと組み合わせても、
優しく軽やかな印象を与えてくれます。

20180224ego-02

チェア部分はくるくると回転しますので、お仕事用にデスクと組み合わせても使い勝手が良いアイテムです。

20180224ego-03

白と黒の模様が特徴的なアームチェアは、同じく1950年代イタリア製。
広々とした座面と、スッキリとした脚のデザインがイタリアらしいアイテムです。

20180224ego-04

こちらは2脚入荷しております。
大振りな本体に対し、細いアームが華奢な印章を与えてくれます。
20180224ego-05

四角い雰囲気の真っ赤なアームチェアは、1960年代イタリア製。
四角いフレームですが、背もたれの上部が丸くデザインされており、
触れると丸みを感じられるアイテムです。
20180224ego-06

こちらも2脚入荷しております。
はっきりとした色のソファは、透明感のあるガラスのテーブルと相性が良いです。
20180224ego-07

曲線を描いたシルバーの脚が魅惑的なレザーアームチェアは1970年代イタリア製。
つるっとしたレザーの雰囲気とクロムの脚には、アルコールが似合いそうです。

20180224ego-08

こちらは3脚在庫がございます。
アーム部分の出っ張りが少ないので、テーブルの下にアームが収まるのも嬉しいポイントです。

20180224ego-09

長い持間ゆったりと座るチェアには、やはり愛着が湧いてきます。
あなただけのくつろげる1脚をみつけに、EGOISTに起こし下さい。

アクセス
【東急東横線学芸大学】【JR目黒駅】
※駐車スペースございます。

お問合せはこちらまで
TEL:03-3716-3338
MAIL:egoist@lloyds-antiques.com

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »