MISC

Point No.39

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Gras Repair.

Gras Repair.

*お知らせ**

[Point No.38] 住所:東京都目黒区下目黒4-11-22 TEL:03-6452-4620

Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

・自転車店頭在庫に関してのお知らせ

・PRICE DOWNのお知らせ

・納品事例:S様邸

・納品事例:H様邸

・納品事例:OISEAU BLEU (オワゾブルー)@山形市

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

 

写真 2017-07-18 17 08 12l

 

Point Noでは、ご購入頂いていない照明の修理も行っており

出来る出来ないは実際に現物を見て判断させて頂いています。

先日、Grasのスタンドライトの修理持ち込みがあり

有名なメーカーなので、物は知っていましたが修理は初めてで

尚且つ、何をやっても電気が点かないという事でした。

 

修理の条件として、見た目にかかわる部分は何も変えずに

中身は使えればいいという事に決まりました。

 

写真 2017-07-18 17 08 27l

 

写真 2017-07-18 17 09 36l

 

まずは、原因究明ですがコードはパイプの中を通る仕様の為

結線部分はなどはないので、ソケット内部に原因があると思い分解をして

中身の確認をします。

 

写真 2017-07-18 17 10 28l

写真 2017-07-18 17 10 46l

写真 2017-07-18 17 11 47l

 

スワン式のソケットは、店頭での扱いはないですが今まで何度も修理をしている為

原因があった場合すぐにわかるのですが、接点部分の動きに問題がなく

導通がしていないので原因はスイッチに絞られました。

 

有名なメーカの為、図面なども見つかり現状を確認すると

スイッチ部分に無くてはならない物がなくなっています。

 

写真 2017-07-18 17 12 38l

 

つまみ部分のパーツともう一つのパーツには小さな穴が開いていて

本来は、ここにピンが入り抜けない様になっているみたいです。

スイッチがちょうどOFFになっている状態で、ピンが折れてしまったので

何をやっても電気が流れない状態だったようです。

 

原因が分かれば、すぐに修理に取り掛かるといいたい所ですが

まず折れてしまうという事は、ピンが細く強度無い為に起きてしまうので

今後の使用を考え、穴を広げます。

この作業は非常に緊張しました。穴を広げすぎればピンが折れないが

つまみの棒が折れてしまう可能性があり、もう一つのパーツも強度が心配でしたので

ぎりぎりの2歩手前ぐらいのサイズまで広げています。

 

写真 2017-07-18 17 45 12l

 

加工後、ほかの部分のチェックと今後の為にクリーニング、磨きを行います。

スワン式は、ねじ込みではなく山状になっているパーツがそれぞれの接点になっていて

その中にスプリングがり電球を取り付ける際に縮み電気が流れる仕組みになっています。

 

その為、スプリングの破損が多く、持ち込み修理でスワン式の場合の原因は

ほとんどがこの箇所です。

 

写真 2017-07-20 15 40 15l

写真 2017-07-20 15 40 24l

磨き前

 

写真 2017-07-20 18 08 03l

 

写真 2017-07-20 18 08 26l

磨き後

 

至る所に錆があり、触ると手に錆がついてしまう程でしたので

本体の磨き作業も行いました。

作業前と後では、まったく違い大分いい雰囲気になったと思います。

 

錆を落とした事で表面の凹凸が無くなり、触り心地もよくなって

角度を変える際など手に触れても安心です。

 

写真 2017-07-18 18 34 35l

 

点灯チェックも問題なく完成です。

 

今後の事も考え、ソケットでのOn/Offではなくコードスイッチを

取り付けてそちらを使用する予定です。

 

修理出来るかどうかは作業をしてみないとわかりませんが

いつでも挑戦しますので、ダメ元でお持ち込みください。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »