MISC

FURNITURE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Beautiful Curve !!

Beautiful Curve !!

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620

Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

【NEW ARRIVAL 2016】 商品一覧はこちらから

・納品事例:世田谷区代田 住宅

・納品事例:9灯&6灯 Chandelier

・納品事例:神田鍛冶町(GEMS神田)

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

写真 H29-01-22 19 03 25l

こんばんは、カスヤです。

 

大事に大事に使用してきた財布がとうとう寿命を全うし、ついに買える事を決心。

コッペパンの様な膨らみ、艶、色味だったのですが、

長年見慣れ続けた為、次の財布も同じような物を選んでしまいました笑

 

私が無意識に財布に求めていたイメージがあったように、

みなさんにとって椅子とはどんなイメージでしょうか。

今日ご紹介する椅子は、ダイニングテーブルやカフェなどでもよく目にする

ベントウッドタイプの椅子をご紹介!

文字通り、ベント(bent:曲げる)ウッド(wood:木)で後脚と背もたれを兼ねた部材を

大胆にぐっと曲げたり、座面を支える部材も二方向に曲げるなどシンプルながらも技が詰まった椅子が、

ベントウッドチェアと呼ばれます。

現代に復刻して作られたりするなど、定番品のイメージがあるこの椅子ですが、

特徴としては、まずとても軽い。

ビンテージ品は特に重いという印象があるかとは思いますが、

こちらの椅子の方がビンテージの折り畳み椅子より軽いことがあるほど軽く、3kgちょっとの重さです。

 

そして下の写真にある後脚から背もたれになる部材の太さが丁度手になじむ太さで、

木のしっとりとした感じと相まって、とてもスムーズに椅子を後ろに引くことが出来ます。

なんとこの部材の太さは、鉄棒とほぼ同じ太さ。どおりでしっくりくるわけだと唸ってしまいました!

写真 H29-01-22 19 02 01l

座面の模様は、木目を組み合わせた自然界の装飾がシンプルなこの椅子のアクセントになっています。

写真 H29-01-22 19 02 11l

ベントウッド=THONET(トーネット)のイメージが強いですが、

そのライバル会社同士が合併し出来た会社が、この椅子を製作しております。

合併したのが1900年代初頭と会社自体の歴史もさることながら、

製作方法とは裏腹に、ベントウッドチェアの歴史の深さにも驚かされます。

写真 H29-01-22 19 02 30l

いまなら同じ椅子が他に三脚ありますので、4脚揃いが可能です。

写真 H29-01-22 19 03 34l

下から見上げてもきれいな曲線が魅力的な椅子はいかがでしょうか?

まだHPへは未掲載ですが、順次撮影・公開を行ってまいりますので、お楽しみに!

 

ではまた。

 

Facebook Page;  facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page

Bicycle Page

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »