MISC

FURNITURE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Step Table.   

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

・納品事例:神田鍛冶町(GEMS神田)

・施工事例:Itarian Bar 「SABA」 Point No.38すぐ横

・納品事例:Vintage & Original Chandelier

・納品事例:港区南青山

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

 

10181738_5805df69bca50

 

こんにちはサナシンです。

 

本日は、少し前にご紹介させて頂きました

テーブルのメンテナンスが完了致しましたので、ご紹介致します。

 

以前の記事→Step Table.

 

店頭展示の際に大きな傷や細かな傷が出来てしまった為

再塗装を行っています。

 

10181739_5805dfb5adfd0

 

天板は3枚あり、それらを全て外して

側面にマスキングを施してから、表面の塗膜をはがしていきます。

キズを消すためにペーパーで研磨していきますが

こちらは無垢材ではなく突板仕上げになっていますので

削りすぎてしまうと素地が出てきてしまう為、慎重に傷の深さを見極めながら

進めていく必要があります。

 

 

10181739_5805dfa610465

 

ある程度研磨が終えたら一度水引を行います。

この水引とは、研磨面を水で拭く作業の事を言います。

 

この作業を行う事で、研磨面の繊維を膨らませ

目で見えなかったキズなどが浮き上がり

乾燥後に再度、研磨作業を繰り返す事で天板の凹凸が無くなり

より均一に仕上げる事が出来ます。

本来は、無垢材などを塗装する際に行われる作業ですが

突き板も木材ですので、今回も行いました。

 

IMG_6437l

 

Step Table *TB044

 

研磨が完了したら着色をしていきます。

今回、脚の塗装を行いませんのでオリジナルの色である

脚の色味に合わせて色を作り、塗っては乾かしてを繰り返しながら

完成の色味に近づけていきます。

 

今回は着色後に、ラッカークリアを塗って完成となります。

ビンテージの雰囲気を損なわない様に、薄く塗ってを繰り返し

様子を見ながら完成となります。

 

ラッカーは、ウレタンに比べると塗膜が厚くない為

暑い物や水などに弱いので、使用の際は

ランチョマットなどのご使用をお勧めします。

 

新しく生まれ変わったテーブルを是非見にいらして下さい。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

Facebook Page;  facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page

Bicycle Page

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

 

 

 

 

 

 

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »