MISC

Lloyd's Antiques EGOIST

イギリスを中心にヨーロッパ全土から集められたロイズ・アンティークス唯一のコンセプトショップ、幅広いバリエーションからミックスカルチャースタイルをご提案致します。
  • ロイズ・アンティークス エゴイスト
  • ADD.
    目黒区碑文谷2-5-15
    TEL
    03-3716-3338
    FAX
    03-3710-9187
    OPEN
     11:00
    CLOSE
     19:00
    MAIL
    egoist@lloyds-antiques.com
    URL
    http://www.lloyds.co.jp/

Femme puissante

 

ロイズ・アンティークスEGOISTでは6/12(日)まで、「Country Life style」を開催中です。パイン材を中心としたカントリーアイテムを取り揃えております。眺めているだけで気持ちがじわじわと温かくなるカントリーアイテム。是非お愉しみくださいね。

20160606ego-16月の始まりを知らせるかのように、街にはちらほらと紫陽花の姿を見かけるようになりました。紫陽花というとどこか寂しげなイメージもありますが、フランスの紫陽花の花言葉は『Femme puissante(元気な女性)』なんですよ。今回は、フランスよりやってきた気持ちをパッと明るくしてくれるようなアイテムのご紹介です。

20160606ego-2まるでお花のように可憐なフランスの1920年代頃のフレンチアームチェア。まず目を惹くのは、愛らしいピンクのファブリック。スエード風の生地が全体に表情を与え、軽やかに。

20160606ego-3滑らかなオークの曲線が優雅な印象に拍車をかけ、品格のある佇まいを演出します。座り心地はしっかりとしていて、アームもついているので、ゆったりと長時間お掛けいただけますよ。

20160606ego-4後ろ姿まで上品。アームのデザインがすっきりとしている上に、コンパクトなサイズ感なので、お部屋にもすんなりと馴染みそうです。

20160606ego-5しなやかな脚のデザイン。オーク材の力強さが凛とした印象を与えます。

20160606ego-6続きましてアンティークならではの1890年頃のフランスのサイドテーブル。

20160606ego-7無塗装のパインの天板が非常に味わい深く、魅力的です。柔らかいクリーム色のペイントがお部屋に優しさげな雰囲気を運びます。

20160606ego-8サイズ感が程よく、ダイニングテーブルとして、デスクとして、サイドテーブルとして、様々なご用途で活躍できそうです。引き出しがついてあるので、小物の収納にとても便利。カトラリーやクロス等をしまっておくのもいいですね。引き出し部分の白い陶器の取っ手も可愛らしいです。いかがでしたでしょうか。他にも沢山元気をくれる素敵な家具が入荷中です。お近くにいらした際には、是非お立ち寄りくださいね。皆様のご来店をお待ちしております。

 

フレンチアームチェア

NQ033077

W580 D530 H865

¥250.000-(税込み¥270.000-)

フレンチアームチェア

 

 

 

 

 

ペイントサイドテーブル

NL016045

W1220 D660 H770

¥180.000-(税込み¥194.400-)

ペイントサイドテーブル

 

 

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »