MISC

LAMP

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Be just the bulb for the Situation.

**お知らせ**

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページUPしています。

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.39、38 共に水曜定休です。

 
2015621194053.jpg

こんばんはカスヤです。

 

怪しい。タイトルが怪しいです。

伝わるかどうか微妙なところですが、適材適所ならぬ「適電球適シチュエーション」ととって頂けたら幸いです笑

 

本日は電球とシェードの関係について書きたいと思います。

トップの画像をもう一度貼りますが、左右とも電球・シェードの色共に異なりますが、お分かりいただけますか?


2015621194053.jpg

 

左がクリアシェード+アンバーガラスの白熱電球(下記写真)


2015621194530.jpg

 

右がアンバーシェード+クリアガラスのLED電球(下記写真)


2015621194759.jpg

 

電球の明るさは異なりますが、色味は似るように組み合わせています。

 

LEDは少し白っぽい色味が特徴で、Point No.39にて取扱しているLED電球はかなり白熱球に近い色味ではありますが、

一般的に白い光は勉強や作業時に向いていると言われています。

一方、白熱電球の方は赤味がかっているのが特徴で、リラックスできたり、料理を美味しく見せる効果などがあります。

 

そのような特徴をうまく組み合わせることにより「理想の照明」に仕上げることが出来ます。

 

その「理想の照明」には、当然ながら用途・色味・デザイン・明るさはもちろんのこと、

消費電力・熱・設置する場所との相性など様々な物が含まれる為、考える事が多くなり後回しになりがちな照明ですが、

部屋の雰囲気をガラリと変える大事なアイテムですので、迷った際はぜひスタッフまでお気軽にご相談を!

もちろんお問い合わせフォームからのご相談も受け付けております!

 

 

みなさんならこの組み合わせどんなところにお使いになりますか?

ちなみに組み合わせはクリアシェード+クリアガラスのLEDです!


2015621201218.jpg

 

長くなりましたが、ではまた。

 

 

過去の記事はこちら→Point No.39 Blog

Facebook Page;facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page 

Bicycle Page

Point No.39ビンテージ家具とビンテージ自転車のお店

SHOP MAP


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/cp0002/misc.co.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399
Translate »