MISC

BICYCLE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Peugeot PH501 Reynolds 501 Frame !!

**お知らせ**
Loop magazine Vol.13に掲載されました。
COOL Trans 2012.6月号に掲載されました。
Go OUT 2012.5月号 Vol.31に掲載されました。
Free & Easy 2012.3月号 No.161に掲載されました。
Bicycle Plus Vol.2に掲載されました。
配送料金表 (検索チャート)ページUPしました。
通販のクレジットカード決済開始しました。
Leather saddle bag販売開始。

 

こんにちはサナシンです!

先日初めて、ぺスパで通勤したのですが
やっぱりいいですね!

ただ、乗り慣れていない為まだ余裕がありません。。。

そして今日は朝からガス欠。
まだ、どのぐらい走るとどのぐらい減るというのも
分かっていないので、これから長く付き合いながら
知っていきたいと思います!

他にも直す所が多々ありますが・・・

本日は、最近セミメンテナンスが完了した
車両のご紹介を致します!

Peugeot PH501Reynolds 501 Frame

上記の通り車体は501のフレームが使われ
素材はクローム・モリブデン鋼になります。

素材に関しては、知っている方も多いとお思いますので
Reynoldsに関して少しお話しをしていきます。

Reynoldsはの始まりはイギリスで1898年の創業ですが
当時はThe Patent Butted Tube Co., Ltd という社名で
1923年に社名変更をしてReynolds Tube Co.になりました。

Reynoldsは自転車のチューブのみだけでは無く
スポーツカーやモーターサイクル
戦闘機のフレームなどにも使用されて高い評価を得てきました!

自転車のチューブとしても様々あり、一つ一つ
説明をするときりがありませんが、有名なところでは531などです!

この様に、フレームに数字が入ったデカールが貼ってあります!

フォークなどにも貼ってありますが、フレーム本体とフォークは
モデルによって違います!

ヘッド部分は、80年代のデジタルライオンとなっています!

この年代以降はほとんどが、画像と同じ様な
デカールタイプになっていきます。

ステムはCTA、ブレーキレバーはWeinmannとなっています!

レバーは変形や錆なども無く状態が良いです!
セミメンテナンスまで完了していますので
消耗品であるワイヤー類は全て交換しています!

タイヤサイズは700x23cとなっています!

こちらもチューブ、タイヤ共に新しい物に
交換済みです!

タイヤなどの消耗品は、特別な物などはなるべく使用しない様にして
どこでも修理をしてもらえる様にしています!

全体的に錆や色ハゲも少なく、フレームの状態も良く
ロゴもしっかりと残っています!

ダウンチューブ以外の、シートチューブ
トップチューブも残っています!

サイズも丁度良く、身長168cmの私が
試乗した際も、乗りやすかったです!

先日仕上がったばかりですので
是非試乗をしに来て下さい!

Peugeot PH501(p39-169) Reynolds 501 Frame

それでは今日はこの辺で。

—————————————————————

ブログをご覧頂いている皆様に
お願いあります。

2012.8.10に自宅の前で、自転車が盗難にあってしまいました。

車両の詳細を記載致しますので、見ていただければと思います。

メーカー:Schwinn
ヘッドバッチが特殊で、同じビンテージ車であっても
ほとんどこのデザインは日本では見かけず
復刻などもされていません。



モデル:TRAVELER
チェーンガードにモデル名が入っています。

ダウンチューブとシートチューブには
Schwinnのロゴが入っていますが、シートチューブには
Arnold, Schwinn になっています。

リム&ハブ:F.Schwinn R.Bendix 2 Speed Automatic
フロントのSchwinnのロゴは筆記体となっています。
リアのBENDIXは日本ではとても珍しくほとんど乗っている方は
いません。
リアハブの真ん中に3本の赤い線が入っています。

ブレーキ:F.ハンドブレーキ R.コースターブレーキ
私の車両は、アメリカ仕様にしていますので
フロンのみハンドブレーキですが、左側にレバーを付けています。
日本は右がフロントとなっています。

タイヤ:現行
Schwinn車の26インチは、特別な規格の為
日本ではタイヤが入手しづらくなっていますので
私は、リムを同じ年代の鉄リムを使用して
タイヤは現行品の26x1・3/8(サイドがアメ色)をはいています。

グリップは白で、Schwinnのロゴがはいています。
サドルは、白と黒のツートンカラーでSが真ん中にはいっています。
フロントにビンテージのキャリアを付けています。
フェンダーは、フロントのみ取り付けをしています。


上記に似た車両をどこかでお見かけになった方は
お店までご連絡をお願い致します。

03-3716-0640
Sanasinh(サナシン)

過去の記事はこちら→Point No.39 Blog

Facebook Page;facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page 

Bicycle Page

Point No.39ビンテージ家具とビンテージ自転車のお店

SHOP MAP

Translate »