MISC

気仙沼情報

オリジナルデザイン、カスタムメイドソファ専門店。サイズ、座り心地を細かくオーダーでき、欧米を中心にした1 万種類の中から張地を選べる。ソファ、椅子張替も行っています。
  • スタンリーズ
  • ADD.
    目黒区目黒4-10-6
    TEL
    03-3760-7167
    FAX
    03-3760-7168 
    OPEN
    11:00(SUN12:00)~19:30
    CLOSE
     Thursday
    MAIL
    info@stanleys.co.jp
    URL
    http://www.stanleys.co.jp/

第2回気仙沼訪問  

R6174515.jpg
こんにちは、元競馬場前にありますソファ専門店スタンリーズです。
第二回目の気仙沼報告です。
今回はエコランド河田さん(行き、帰り1200km一人で運転してくださいました)
ジェオグラフィカ渡邉さん(初参加)そして私。3人でお揃いのMISC Tシャツを着て
8月1日夜の10時に支援物資を満載して目黒を出発しました。
気仙沼に到着したのは朝の4時です。
R6174526.jpg
水没している気仙沼漁港です。初参加の渡邉さんはちょっとびっくり、、、
そして、私達が支援している鹿折地区に向かいます。ここは火事で何もかも
無くなってしまったところです。
R6174562.jpg
R6174544.jpg
この船は震災を忘れぬよう、モニュメントとして残すそうです。
今後気仙沼のシンボルとなるでしょう。
ここでやはり支援物資受け渡しまで時間があるので1時間仮眠をしました。
午後9時、自宅でどうにか暮らしている方々、漁師の方々に支援物資を届けます。
まだまだ自宅で頑張っている方々は物資が足りないそうです。
R6174570.jpg
目黒のさんま饅頭もプレゼントしました。サンマの形をした饅頭です。
ある方が目黒に行った時にもらって美味しかったと聞き今回のお土産に
しました。やはり好評でした。
R6174577.jpg
そして気仙沼市議会議員の方と対談するために気仙沼市役所へ
R6174581.jpg
我々の取り組みと今後の協力について話させて頂きました。
1番の問題は働くところがないと言うこと、、、
どうにか雇用を創出しなくてはと、
守屋議員は本当に積極的に復興のために日々努力されている方で
地元の方からも信頼が厚い方でした。
少しですがMISCから義援金を手渡しました。
R6174585.jpg
そして、地元の方の案内で避難所、仮設住宅を訪問しました。
R6174597.jpg
仮設住宅です。1棟500万円するそうです。
その脇で中学生がサッカーの練習このカメラ後ろには体育館
避難所があります。言い表せない雰囲気、空気感です。
洗濯ものが干してあり、段ボールで仕切られ本当にプライバシーは
ありません。5カ月間ここで暮らしています。
ここを出て、希望のある未来、仕事、家があれば、元気になれるのでしょうが
どうすることも・・・と思ってしまう人が多いことが、良く分かります。
分かるなんて言ってはいけないと思います。、、、
なんらかの将来の設計図がすこしでも 描けていれば、、きっと、、、
そして、地元の方と分かれて、第4の目的地に向かう前に南気仙沼、
新しい漁港に行きました。
R6174620.jpg
漁協の方と震災当時のこと、色々とお話をお伺いしました。
1カ月前と違う点は、商店がやっていることです。
前回は人がいない、車がダンプばっかりでしたが、今回は
少し、日常が戻っている気配を感じました。
ご褒美に気仙沼ラーメンを食べました。
絶品でした。本当に美味しかった。
R6174638.jpg
その後はまた・・・・
15日から18日までスタンリーズは夏季休業です。
宜しくお願い致します。

SHOP MAP

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »